運河で、とある場所をみつめるレオ君。
視線の先にはどこぞの飼い犬がおりましたわ。